ED治療薬を通販する危険性

通販のリスク

「ED治療薬を通販で買うと偽物があるって本当?」
「通販で買ったものは効果がないって聞いたんだけど・・・」
「安いから通販で買いたいけど、大丈夫かな?」

せっかく買ったのに偽物が届いた…、そんなことがあったら怖いですよね?通販サイトは数多く存在し、その中には詐欺を働いたり偽物を売りつけたりするサイトがあります。

では、騙されないためにはどうしたらよいのでしょうか。通販サイトのリスクと偽物を回避する方法について探っていきましょう。

■お金を払って買ったのに効果がない…それって偽物?

2015年に税関で差し止められた偽造医薬品は1,030件と、10年前に比べると約100倍に達していて、その多くがED治療薬と報告されています。

2016年3月~2016年8月に行われたインターネットで販売されているバイアグラの品質調査では、35.6%が偽造品であったことが明らかにされています。

この調査は日本国内でED治療薬の製造・販売を行う4社、ファイザー・日本新薬・イーライリリー・バイエルによって行われ、ネット通販利用者に対して注意喚起の目的で実施されました。

違法サイトで販売されている偽造品の多くは、不正規のルートで入手されていたり不衛生な工場等で作られたりしています。そのため薬の効果に影響があるだけでなく、
健康を脅かす不純物が含まれているケースもあります。

   

■ED治療薬の通販はすべて自分の責任

厚労省HPに記載されている通り、海外から取り寄せた薬で体調不良になっても公的な救済措置を受けることはできません。

つまり、もし通販で購入した医薬品で健康が脅かされても自己責任になってしまい誰も助けてはくれません。でも直接病院で処方してもらうのは恥ずかしいし、時間もかかってしまいます。では、どうすればよいのでしょうか?

そこで紹介したいのが、個人輸入代行サイトを利用するという方法です。代行業者が商品の購入から発送まで一括で行ってくれます。また、慣れない外国語にとまどいながら薬を探す必要もありません。

しかし、悪質な個人輸入代行業者も存在しているので注意が必要です。信頼できる個人輸入代行業者の見極め方は以下の記載があるかどうかです。

①事業者名
②事業者の住所
③連絡先
④製造元

違法サイトに引っかからない為にこれらが書かれているか確認しましょう。

また、服用のしかたをしっかり確認しておくことも大切ですね。ED治療薬の用法容量を確認する、併用禁止薬は使わない等のことに心がけるだけで副作用を防ぐことができますよ。

自己責任だから、自分を守れるのは自分です。自己判断が難しい購入は個人輸入代行業者にまかせて、服用方法は自身で気をつけて身体にやさしく治療薬を利用しましょう。これで偽物に惑わされることなく、素敵なセックスライフを送れそうですね。