ジェネリック品は消費者の経済的負担を減らす

ジェネリック品は、先発薬の特許が切れた後に作られる後発薬のこと。
同等の成分を使えるので、同じ効果を格安で購入できます。
ジェネリック品は「一般的な」という意味で、効能や安全性が確率された医薬品です。
日本では、医療費削減が求められていてジェネリック品は国の薬代を抑えるために開発が推進されています。

【ジェネリック品が安い理由】
新薬は開発までに10~15年ほどの長い期間と、数百億円以上の費用をかけて作られます。
成分から開発するという、1からのスタートなので努力の末誕生しているのです。
ジェネリック品の場合、すでに安全性・有効性が認められた新薬の成分を使用して開発が可能。
期間は3~5年と短く、コストも1億円程度まで抑えられます。
新薬に比べて少ない費用での開発ができるため、販売価格もリーズナブルです。

ジェネリック品は安価なので購入者の負担も減らし、国にとってもメリットにつながります。

【本当に新薬と同じ効果?】
ジェネリック品と新薬の違いは、飲みやすさ・価格・添加物です。
新薬の錠剤が大きくて「飲みづらい」という声があがれば、ジェネリック品は飲みやすく改良できます。
「錠剤の苦味で飲めない」という声があがっても、コーティングを加えて苦味を解消。
ジェネリック品は、効果には影響のない範囲で違いはありますが、安全性にはまったく問題ありません。

安いからといって効果が弱まるようであれば、国でも開発をプッシュしないので、安心してジェネリック品を利用してください。

ED治療薬のジェネリック品は、インドでたくさん製造されています。
インドのジェネリック品の開発技術は、世界中で認められています。
貧しい地域の人でも医薬品を購入できるように、高品質・低価格で販売。
日本でも愛用者が多いため、通販サイトから購入する方が増えています。