30代なのにEDかも?セックスに自信がなくなったら

EDと向き合おう

EDは若い男性でも十分なる確率のある病気です。
30代の男性でEDになる方は、精神的ストレスからくることが多く、仕事や夫婦関係のトラブルなどが原因になります。
「セックスがうまくいかなかった」という、トラウマとして残る性行為もEDになる確率があるのです。
メンタル面の乱れから「勃起しづらい」という症状を、心因性EDと呼びます。

ストレスからEDになってしまうと、セックスへの自信もなくし余計に悪化させてしまう場合も。
放っておくのは危険なので、気づいた時点ですぐに泌尿器科で診てもらいましょう。

EDの原因は他にもあります。
・器質性ED
→血管・神経などの動脈硬化によるEDの症状です。
糖尿病や心不全などがEDの発症率を高めるので、喫煙や過度な飲酒も生活習慣の乱れも危険。
健康に気を使った運動や食生活を見直すと、EDの予防・改善に繋がります。

・混合性ED
→心因性と器質性が混ざったEDのタイプ。
どちらの要素も合わさった混合性EDは多いと言われています。
ストレスは生活習慣の乱れからも起こりやすいため、同時進行で治していかなければいけなせん。
※重症化しやすいのでED治療薬での改善が効果的

・薬剤性ED
→服用している薬の副作用によって「勃ちが悪い」となる可能性が。
20代の若い世代で抗うつ薬・睡眠薬・精神安定剤などを飲んでいる方がEDに症状を訴える時があります。
降圧剤や高脂血治療薬などを長期で飲んでいる方は、薬剤性EDを疑うようにしています。

日常生活でリラックスできることや、食生活、薬の使用を医師と相談するなど、原因に合わせてEDを改善していく方法も。
即効性はないので、気長に向き合うしかありませんが、同時にED治療薬を飲むと確実に改善できます。
ED治療薬は、服用すると83%以上の改善率をだしています。
勃起できるという状態を身体に記憶させておくのが大事なので、使用してみてください。